マイクロスコープによる歯科治療

 

当院ではドイツ、カールスツァイス社製「ピコモラ-picomora」という機種のマイクロスコープ(顕微鏡)を導入しております。21倍の倍率でより正確・精密に診断、治療を行うことが可能です。

マイクロスコープでは細部までよく見えます

虫歯の治療
 
一見問題はないように見えますが、、、

    

拡大したところ

    

歯と歯の間に虫歯が見えました

 

根管治療(根の中の清掃)

咬むと痛むとのことで治療開始しました

神経を取った後に被せ物が装着されています

歯の中の虫歯を取るために上から穴を開けていきます

虫歯が広がっていました(青く染まっているのが虫歯です)

肉眼では根の入り口を見つけることが難しい場合があります

慎重に虫歯を取っていくと根の入り口が2つ確認できました

この歯は2本の根の治療を行う必要があります

上の写真のように拡大して見ることで治療がスムーズにおこなえ治癒にむかいます

 

当院では最大倍率21倍のマイクロスコープを使用しております

 

当院マイクロスコープ導入のメリット

  • LED(ライト)を搭載し、診療ユニット付属のライトと違い、影ができず、歯の内部・細部まではっきり見える
  • 肉眼では見過ごすような虫歯・歯根のヒビ等を発見しやすい
  • 虫歯や歯石の取り残しが少なくなる(見えすぎる)
  • より正確に施術できるため、治療のリスク軽減
  • 一眼レフカメラを搭載し、画像・映像を撮影・録画可能
    (患者様にも術前・術後の画像をご覧いただけます)

マイクロスコープ

歯科医療に限らず、形成外科・眼科・脳外科・神経血管外科など医科の分野でもマイクロスコープは導入されています。歯科治療は手術レベルの細かな作業を常日頃から行っているため、現代の歯科においては必須の道具と考えております。

より明るく鮮明に…「LED」ライト搭載

キセノン

画面で患者さんに見ていただく際に、実物の肉眼で見る明るさ・色味と同じレベルでマイクロによる写真、動画が写ります。

術前と術後の、いわゆるビフォーアフターのお口の中の写真をご覧いただけるため、どこの場所をどう治療されたのかが患者さんにとってより分かりやすくなり、治療法への理解も深まると考えております。

 

当院でマイクロを使用する主な治療法

  • 根っこの治療
  • 歯の形成(詰め物・被せ物をする前に歯の形を整える)
  • 虫歯の治療
  • 歯石除去、歯石除去後の取り残しの確認(SRP)
  • 型取りしたものを確認する作業
  • 外科手術

導入した理由

より治療精度が求められる時代です

以前に歯科の勉強会での講演を機にマイクロスコープに興味を持ち、ずっとマイクロスコープによる精密診療が頭から離れず、いつか導入してみたいと考えていました。

近年では治療精度がさらに求められる時代になり「どうしてもマイクロは必要」との思いが強くなり、今回導入に踏み切りました。使い始めてからはなくてはならない道具となり、マイクロスコープの恩恵を日々感じて診療を行っています。

 

当院では、保険診療、自費診療に関わらず診療においてマイクロスコープを使用いたします。