歯の保存が困難な状態でも、適切な診断と処置を行うことにより抜歯を回避できる可能性があります。
 
歯を残す治療は時間がかかりますが、失うことのデメリットを考えると、なんとしても1本の歯を保存したいものです。
(結果的に入れ歯にならずにご自身の歯を保存する事ができました)
 
 
 
①虫歯によって歯の崩壊がすすみ、被せる処置ができない場合
(このままの状態で被せを装着すると歯肉の炎症がおこります)
 
 
下のように特殊な矯正装置を装着し被せが出来るように処置をします
(根っこをゴムで牽引しています)
 
 
虫歯の歯を治し被せ物が入りました
手前の歯も正しい位置に動き咬めるようになりました
 
 
 
②虫歯が根っこまで広がっています
 
根っこをゴムで牽引しています
 
 
歯ぐきとの調和のとれた被せが装着されました