8歳ごろから中顔面(目・鼻・前歯)の骨の成長が始まります。前歯がはえ出す時でもあります。前歯が綺麗にはえないのはお子さんのあごの成長がたりないからです。

あごの成長を促進すると前歯の歯並び良くなり、鼻のとうりもよくなります。従来の歯科矯正は歯並びしか注目されませんでしたが小児矯正には一生に一回しかない中顔面成長を正常にする役割もかねています。

小学校に入学して前歯が生えだした頃が決断の時(個人差があります)です。 


矯正治療には第1期治療と第2期治療があります。第1期治療とは正常な咬合や成長を促したり、悪習慣(舌の癖、頬杖など)を取り除く事です。第2期は実際に歯列を動かしていく治療です。 


最近特にあごの成長が少ないお子さんが増えてきました。保育園、幼稚園の検診でもおおよそ半数近くの園児が何らかのかみ合わせの問題を抱えていることが多いのが現状です。


気になる方は一度ご相談下さい。