主に保存不可能な歯や親しらずの抜歯、自家歯牙移植を行っています。
近年の人は顎が小さく親しらずの生えるスペースがないため、親知らずが不正な状態に生えて周囲の歯肉の痛みや感染、また隣の歯にまで悪影響が及ぶことが多くあります。
年齢が若い方は骨が柔軟で抜歯時に負担が少ない時期になりますので、20代のうちに抜歯されることをお勧めしています。
自家歯牙移植を行う場合は上顎の親知らずを使う場合が多いので、上顎の親知らずに関しては将来に備えてむやみに抜歯しないようにしております。
自家歯牙移植や難易度の高い親知らずの抜歯を行う場合には術前に検討し、難易度が高い場合には、総合病院の口腔外科にご紹介させていただく場合があります。
(親知らずの根っこは下の写真の様に湾曲したものも少なくありません。親知らずの抜歯はやや難易度の高い治療になります。)