金属床義歯

義歯床の部分に合金を使用している義歯です。
超精密義歯で、総義歯、部分義歯ともに対応出来ます。

金属の種類は、チタン、ゴールド、コバルトの3つから選択となります。



   メリット

・長年に渡って使用されているスタンダードな義歯

・強度が高いため破損・変形・たわみが少ない

・それゆえ長期に渡って使用できる

・保険義歯(プラスチック)の約3分の1の薄さ

・違和感が少なく舌の動きも自由で発音しやすい

・食べ物の温度を感じることが出来る

・汚れにくく、清潔。粘膜の炎症や口臭などの問題が起きにくい

   (残存している歯の健康に大きく関わる)


   デメリット
・保険義歯に比べてやや重い

・まれに金属アレルギーが起こることがある

・保険外治療となる

 


ノンクラスプデンチャー

下の写真の左側が保険で作成した今までの部分入れ歯で、右側がノンクラスプデンチャーです。
 

比べてもらえばわかりますが、金属のバネがないと見た目とてもスッキリします。ぱっと見ただけでは入れ歯だと気づかれないかもしれません。

 
 
 
 

次の写真も左が保険で作成した部分入れ歯で右がノンクラスプデンチャーです。スッキリ見えるのは金属のバネがないだけではなく、ピンクの床の部分が保険診療の物とは材質が違うからです。新しい素材を使う事により“ 小さく、薄く、軽い” そして透明感あるの美しい入れ歯ができあがります。


   

 入れ歯自体が “小さく、薄く、軽い” ので「つけ心地が良い」と喜んでいただいております。

 

自然な口もとに生まれ変わりました。